いざという時のために知っておくべき事!iphoneが壊れてしまった時はどうする?

iphoneが水没してしまった!

iphoneを使っていて、色々なトラブルに遭ったという事はありませんか?特にiphoneの中には防水加工がされていないシリーズが多くあるので、水に落として故障させてしまうというケースはよくあります。
水没してしまった場合ですが、症状によっては復帰できる可能性があります。大切なのは、水に落としてしまった後の処置です。まずは乾燥させる事が大切ですね。密閉性の高い容器に、乾燥剤と一緒に入れてしばらく置いておくと良いでしょう。水が乾く前に充電などするのはやめてください。さらに症状を悪化させてしまう原因になります。
この応急処置をした後は、なるべく早く修理に持ち込みましょう。もしかしたら、データも取り戻せるかもしれません。

修理に出す際にやっておくべき事!

水没してしまった後、まだ操作ができるようなら早めにデータのバックアップをしておきましょう。すぐに修理に出したい所ですが、修理に出すとデータが初期化されてしまう場合もあります。
iphoneには住所録や写真のデータなど、消したくないデータがたくさん入っている事もありますよね。まだ操作ができればデータをバックアップする事も可能です。ただし、これはあくまで応急処置です。本来なら、普段から万が一に備えてバックアップしておく事が大切です。バックアップがあれば、iphoneが水没して修理に出した後もデータを復元する事ができます。
iphoneを普段から使っていて、中に大切なデータを入れているという方は、必ずデータを他の場所に移しておいてください。

iPhone修理はお近くのアップルストアまたは修理専門店でやってもらえます。修理専門店での修理の方が修理代が安いので基本的にはこちらをお勧めしますが、保証が使える場合はアップルストアをお勧めします。