やっておきたいストレスチェク!その方法は?

大きな問題となっているストレス

メンタルヘルス不調を防ぐために行うのが、ストレスチェックです。チェックを受けた本人は、結果を確認することで働く上でのストレスに気づくことができます。早い段階でストレスに気づくことができれば、うつ病などの抑止に繋がります。そして、このストレスチェックは受ける本人だけでなく、職場にとっても価値のあるものです。従業員のストレスの度合いを知れば、働きやすい職場を作るためにはどうすればよいか考えるチャンスとなります。

ストレスチェックはどうやって行う?

ストレスチェックは、質問に対して当てはまる回答をしていく形で行います。当てはまる項目のみチェックをしてくというものか、「はい」と「いいえ」で回答していく形が一般的です。ストレスチェク自体は義務化されていますが、チェックに使う質問や形式に関しては決まりがありません。手軽なのは、オンラインを使ったストレスチェックですが、職場の人がパソコンに不慣れであればプリントアウトした質問を使ってチェックをすることも有効です。

チェックをすれば終わりではない

職場でのストレスチェックは、チェックをすれば終わりというものではありません。高ストレスと判断された人が医師の面接指導を希望すれば、実施をする必要があります。この面接希望は、対象者から希望があった場合のみ行うもので、求められなければ機会を作る必要はありません。ただ希望が出ないとは限らないため、ストレスチェックを実施する時には面接指導が必要になった時の対処法までしっかり考えておく方が良いでしょう。

ストレスチェックシステムではデータをパソコンに入れておくと即座にストレス具合をチェックできるので安心です。