どうしたらiphoneのガラス割れを防げる?予防方法を知ろう!

画面割れは特に多いトラブル

iphoneはゴリラガラスが採用されていて、ちょっとやそっとのことでは壊れたり傷が付いたりしない仕様になっています。ただ、堅いコンクリートに落とせばいくら強度なガラスが使われていると言っても、破損してしまいます。破損してしまうと、画面が見えづらくなるだけではなく、場合によってはタッチパネルによる操作も出来なくなることも多いです。ですので、iphoneを使っている方は、なるべく破損させないようにする予防策を取っていきましょう。予防策としては、ストラップを取り付ける方法、画面に保護フィルムを貼る方法などがあります。ストラップ事態はそれほど高いものではなく、落下防止には大きな効果を発揮します。また、ストラップを付けた時の見た目が気になると言う方は保護フィルムを貼るだけでも大分違うものです。その他には、ケースに入れる方法もありますので、破損が怖い方はそんな方法を活用してみてはいかがでしょうか?

もしも破損してしまったらどうすればいい?

ちなみに、それらの予防策を取っていたとしても、衝撃の度合いによっては画面が破損する事があります。その時にはiphoneの修理業者を活用し、元の状態に戻してもらいましょう。iphoneを使うユーザーは日本国内に非常に多いので、様々な修理業者が登場しています。メーカーでも保証サービスに入っていれば、画面の破損を低価格で修理してもらえることも多いので、破損させてしまった時に使うと良いです。
修理は何か月もかかるものではありませんし、画面自体を新品のガラスと交換してもらえば、故障したのが全く分からないくらい綺麗な状態に戻ります。

iPhoneは日本においてユーザー数が最も多いスマートフォンですが、結構な頻度で壊れます。壊れたらiphoneの修理を行うことをお勧めします。